×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

100年前に見る未来予測

未来というのは気になるものです。近いところでは自分の未来、将来もそうですね。だから未来を占うものや予測することが商売にもなるのでしょう。近未来や遠未来も気になるから小説、漫画、映画などになるのでしょう。SF映画というのは非現実的な気もしますが、必ずしも間違えではありません。ドラえもんの世界だってありうるのです。昔の人が今の携帯の存在を信じられるでしょうか?今より昔の時代も未来を予測している文献というものはあります。その中で100年前の時代に100年先の未来、つまり今の時代を予想しているものがあるのです。その中には悲惨な未来を描いたものや、ちょっと進み過ぎの未来もありますが、生き物関係がかなり淘汰されていたり、かなり便利になっていたりします。‘暑さや寒さを調節する機器’ってエアコンのこと!?とか、‘電話は相手の顔を見ることができる’ってテレビ電話!?遠距離の品物を選んで購入できるようになるとは、輸送の発達や通販、ネット販売などのことですよね。なまじ外れていません。予測があたったのか、人間がその予測に即して発明を起こしているのか、ということもありますが、未来予測は不思議な魅力があります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

自分の未来を予測する

自分の未来や将来は気になるものです。過去は変えることができません。占いに行って、過去を当てることができれば大したものだとも思いますが。そいう意味では未来はまさに未知の世界でもあり、自分の進むべき道を作ることもできるのです。未来を占うというのはある意味どうにでもなるような気さえします。その通りにならなくても外れとはいえないのです。未来が自分の思い描いた通りになればすごい!と思うかもしれませんが、自分の努力で実現可能なのかもしれません。そうはいっても未来予測をする機械というのがあって、かなり興味深いです。‘未来スコープ’というもので、自分の情報を入力し、数々の質問に答えていきます。適性検査のようなものですが、自分がどういう人間でどういう未来を進むということがわかったりするのです。未来を当てるというよりも自分の進むべき未来を指し示してくれると思えば参考になるかもしれませんね。

予測する近未来と遠未来

近未来とは何のことでしょうか?まさしくごく近い未来のことなのですが、そうは言っても個人レベルの未来や将来というわけではなく、100年くらいの単位のことです。小説やアニメ、漫画、ゲームや映画などの世界で非現実の空想の世界として作られている未来のことです。とはいえ、まったく根拠なく作り上げられたものばかりでなく、未来に対する期待や不安などが取り乱れているものが多いのです。未来に対する予測でもあり、未来に対してこうなったらいいという期待でもあり、未来がこうならなければいいのに、という危惧でもあります。大きく分けて世界が滅亡する説と人間工学が発展しロボットと人間が共存する世界があります。近未来を描いた作品にはマッドマックス、ターミネーター、マトリックスなどなど数々ありますが、興味深いだけでは終わらないかもしれません。昔から今、つまり未来なのですが、を考えると信じられないことばかりでしょう。目覚ましい発展を遂げ、そのサイクルも短くなっているのです。それと同時に環境問題が発生したり、多くの功績とともに多くの問題も引き起こしています。未来を予測することでいいところは伸ばし、問題部分は解決できる方向に持っていきたいものです。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 未来が気になる未来予測